中野区の小さな観光スポット!

哲学堂公園の池

週末にウォーキングやゆっくり読書したり、春の桜や秋の紅葉のハイキングを趣味にする方は多いと思います。でも、どうせなら都会での喧騒を忘れて贅沢なひとときを過ごしたいですよね。この記事では、趣味と観光との融合を楽しめる都内の隠れたお花見観光スポット『哲学堂』(てつがくどう)を紹介します。

哲学堂公園は、妖怪博士とも呼ばれた哲学者、井上圓了氏が哲学を紹介する目的や精神修養の場として開設された公園です。哲学の庭にはキリスト像、達磨大師、ハムラビ王などの彫像が建っています。このブログに彫像写真を紹介しようと思ったのですが、「梅林区域の哲学の庭周辺での撮影は禁止」とあり、残念ながら掲載しておりません。都会の喧騒を忘れさせる広い公園で、梅林、つつじ園があり、春にはそれらを楽しむことができ、秋の紅葉も最高に綺麗です。

哲学の庭にある、キリスト像、釈迦(しゃか)、達磨大師(だるまたいし)、ハムラビ王などの彫像はそれぞれ円の中心を向いて建っており、ずっと眺めていると、其々の異なった思想を持った祖達が世界平和について語り合っているように感じました。哲学世界を視覚的に表現されているので、きっとあなたも小宇宙(コスモ)を感じることができるでしょう。この不可思議感満載の公園は、哲学や社会教育の場として整備された全国でも例を見ない個性的な公園だそうです。

やっぱり一番のおすすめは桜の季節ですね!
哲学堂公園は、JR中野駅北口から約2キロメートルですのでウォーキングですと、中野通りの桜並木をゆっくり歩いて20分です。西武新宿線「新井薬師駅」からですと徒歩13分です。さらに、近くの新井薬師や新井薬師公園も桜の名所なので、哲学堂公園と合わせて楽しむことが出来ますよ。

天狗や幽霊との出会い?から小宇宙での混沌を感じることができるかも⁉
何を哲学するかを哲学堂で哲学してみてはいかがでしょうか♪

中野区立哲学堂公園
所在地
〒165-0024
東京都中野区松が丘1-34-28
電 話
TEL/03-3951-2515  
FAX/03-3951-2280
交 通
・西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩12分
・都営大江戸線「落合南長崎駅」から徒歩13分
哲学堂公園公式ホームページ
http://tetsugakudo.jp/

広告 
健康機能に欠かせない必須栄養素足りてますか⁉

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です