お台場海浜公園の浜辺に打ち上げられたクラゲを発見!

お台場海浜公園の浜辺を歩きながら景色を楽しんでいると、ツヤツヤで半透明の空気の抜けたボールみたいなものが落ちておりました。

あまりにも気になり、近くに落ちていた木の棒でツンツンしてみることにしました。すると、その不思議な物体は、物凄い弾力で木の棒を押し返してきます。

周りを見渡してみると、そこには数えられないほどの同じ物体が目に飛び込んできました。

クラゲとの遭遇

じっくり観察するとクラゲであることが判明しました。

実はわたし、こうみえても15年くらい前はサーファーでした。
毎週末に、大洗海岸によくいっていたのですが、クラゲと遭遇したことは一度もありませんでした。

まさかお台場海浜公園にクラゲがいるとは正直驚きました。

クラゲの生態

ふわふわ浮いて優雅な生活をしているクラゲは「刺胞動物門」のカテゴリーに属する動物です。刺胞動物は「刺胞」と呼ばれる毒液を注入するための針や刺糸を持っております。

クラゲのように水中を漂うクラゲのような生物は、実は「プランクトン」なんです!

クラゲにはフワッと浮き上がる遊泳能力しかないので、普段はふわふわと漂っております。また、心臓や脳、血管もありませんが体には神経が張り巡っているので反射的に行動ができるのですね。

クラゲは種類にもよりますが、刺胞動物なので針を持っております。クラゲの触手は、本来餌となる魚や、小型生物を麻痺させて殺すために使うのですが、人間がクラゲの触手に触れてしまうと激痛や炎症を起こす場合があります。

なぜ浜辺に打ち上げられたの!?

正直なところ、なぜ打ち上げられたのかは分かりません。あまりにも数が多かったので天変地異の前兆かと正直おどろきました。私見ですが、クラゲは、海底の水流によってふわふわと漂流しているので、風向きによって浜辺に打ち上げられてしまったのかと考えられます。もし、詳しい方がいらっしゃいましたらご返答いただければ幸いです。

打ち上げられたクラゲを海に返すのを試みたが!

木の棒でクラゲを持ち上げ、海中に戻してみたのですが小刻みに打ち寄せる小さな波に押されるように浜辺まで戻ってきてしまいます。途中で、自然には逆らわないほうがいいなと思いあきらめました。

《シルカーズのサービス一覧》
総合インターネットサービス

業務管理ソフト・アプリ開発
正規医薬品の個人輸入代行
お笑いコンサルタント
健康食品・ファッションオンラインショッピング
シルカーズチャンネル
電子書籍出版サービス
税理士紹介サービス

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です