感動の『織女牽牛伝説』(しょくじょけんぎゅうでんせつ)


中野区の鍋屋横丁で撮影しました。

今日、7月7日は、彦星と織姫が一年に一度、天の川を渡って再会することができる「七夕」ですね。七夕伝説は、星座にまつわるお話ですが、中国の民間では様々な言い伝えがあり各地で異なります。

中国では、「七夕」を「女児節」(じょじせつ)、「乞巧節」(きっこうせつ)とも呼ばれております。この記事では、子供の頃に味わったあの感動の愛情物語とは少し違った、中国のある地域の「七夕伝説」のお話しします。

織女牽牛伝説

彦星は、もともと天の「牽牛星」(けんぎゅうせい)で、
織姫は、もともと天の「織女星」(しょくじょせい)のことです。

牽牛星と織女星は、人間界の生活様式に非常に憧れていました。

ある日、西王母(中国の神話の中に登場する女神)は二人が人間界に憧れていることを聞いてしましました。

西王母は、そのことに対しもの凄く腹を立て、怒った挙句に何とっ牽牛星を人間界に落とし牛飼いに変えてしまったのです。

金牛星(おうし座は冬の夜に空の南側に現れる星です)は、西王母牽牛星のことを許してもらうように懇願します。しかし、必死の懇願もむなしく金牛星人間界に落とされてしまい、挙句の果てに耕作用の牛に変えられてしまいました。

西王母は、織女星を逃げ出さないように見張りを付け監禁してしまいます
織女星は、毎日毎日、脱出するチャンスをうかがっていました。

ある日、願いが叶う日が訪れました。
西王母が遠出をすることになったのです。
織女星は、姉妹達の助けを借りて、いない隙を狙って内緒で人間界に降りました。

織女星が人間界に降りてから、金牛星(耕作用の牛)の助けにより彦星と再会することができたのです。そして、金牛星が仲をとりもって、ついに二人は夫婦の契りを結びました。

二人は仲良く楽しく一日一日を大切に暮らしました。
彦星は畑の大地を耕しにでかけ、織姫は布を織り、充実した生活を送っておりました。
そして、三年間の年月が経ち、二人には可愛い一男一女を授かります。

西王母は遠出から戻り、織姫が脱出して人間界に降りたことに気付きます。
西王母は、怒り狂い、すぐに織姫を捕まえて天に戻すよう「天の兵」に命令を下します。

天の兵は、人間界に降り織姫を捕まえて天に連れ戻しました。

このことを知った彦星は黙ってはいられません。
彦星は、すぐに二人の子供を連れて金牛星(耕作用の牛)にまたがり天の宮殿に向かいます。

天の宮殿に着くと、織姫はもうすでに監禁されており、面会することはできません。
彦星は、西王母のいる宮殿に行き
織姫を返して欲しいと頼みます。

西王母は、彦星の姿を見て腹を立てました。
西王母の怒りは止まらず、金のかんざしを抜いて、思いっきり手を振り下ろしました。

すると、なんということでしょう。
彦星と織姫の間に線が引かれてしまったのです。
この線は、広大な天の河で、二人は永遠に会えなくなってしまいました。

二人は、お互い会うことはできなくなってしまいましたが、以前よりもお互いを慕い合う気持ちは強くなりました。

二人の誠実な不変の愛情に、カササギは感動し、何万羽ものカササギを集め、二人のために橋をかけました。
このカササギのかけた橋を渡り、二人は再会を果たしました。

西王母はこの話を聞き、仕方なく毎年旧暦の7月7日に二人が「鵲橋」(しゃくはし、かささぎばし)の上で会うことに同意するしかありませんでした。

情人節

中国の愛情物語はいかがでしたか。中国では、「七夕」を「女児節」(じょじせつ)、「乞巧節」(きっこうせつ)以外に、七夕情人節(チーシーチンレンジェ)と言います。バレンタインデーを中国語で「情人節」と言うので、合わせて七夕バレンタインデーと呼んでおります。この日は恋人同士が集まって愛を確かめ合うのですね。

大気光と夏の天の川【動画】

大気光と夏の天の川

《シルカーズのサービス一覧》
総合インターネットサービス
業務管理ソフト・アプリ開発
正規医薬品の個人輸入代行
お笑いコンサルタント
健康食品・ファッションオンラインショッピング
シルカーズチャンネル
電子書籍出版サービス
税理士紹介サービス

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です