ワンコインでうな丼が!?【宇奈とと 中野店】

梅雨も明け、やっと夏らしくなってきましたね。
今回の記事は、知る人ぞ知る激安うなぎ専門店『宇奈とと 中野店』さんを紹介します。
土用の丑の日に美味しい鰻を食べて暑い夏を乗り切りましょう!

夏の土用の丑の日に鰻を食べるようになったのは何故?

お店に向かう前に、なぜ土用の丑の日にウナギを食べるようになったのかを紹介したいと思います。
江戸時代にウナギが全く売れなくて悩んでいたうなぎ屋が、多芸多才な平賀源内(1728-1780)に相談に行きました。平賀源内は、丑の日にちなんで『う』から始まる食べ物を食べると夏負けをしないといった当時の風習を鑑み、「丑の日という張り紙をお店に貼りなさい」とアドバイスをしました。その張り紙の効果があり、うなぎ屋は大繁盛したそうです。
他のうなぎ屋も真似をするようになり広がっていったのですね。

プラチナ価格のうなぎ!?

昨今では、河川の環境変化や過剰な漁獲により国内の漁獲量は減少しております。ウナギの消費量は増加していることもあり、シラスウナギの取引価格の平均値は一キログラム200万円を上回りました。この価格は貴金属のプラチナに近い水準です。
日本経済新聞の社説(2019.7.27)では、「例年、ウナギの消費量はピークを迎える。しかし、養殖に不可欠な稚魚シラスウナギの国内漁獲量は過去最低に落ち込んだ。密漁をなくし、不透明な流通の改善を急がなければ始原危機は深刻になる。」と述べております。
年々高騰するウナギ、日本では完全養殖に成功していることもあり食卓から消えることは無いとは思いますが、資源保護や密漁、不正輸入、考えなければなりませんね。

お店まで道案内

お待たせしました。それではお店まで案内します!


JR中野駅の北口を出ます。


北口をでるとすぐのところに、まっすぐ延びる商店街「中野サンモール」があります。

活気のある商店街を進みます。


しばらく歩くと細い道路を挟んで中野ブロードウェイがみえてきます。
ブロードウェイの手前の路地を右に曲がるとすぐのところにお店があります。

備長炭火焼きで香り豊かに!

到着です。駅から徒歩で大体5分ですかね。

店内は1階はカウンターのみ11席で、2階は24席あります。
いつも満席で並ぶのですがピーク時をずらして訪問したのですぐに入れました。

メニューはこちら!
どうですこの価格!ワンコインでうな丼が食せます。
高騰し続けるウナギをこの価格で頂けるなんて、感謝です。

一番人気の『うな丼ダブル』を注文しました。
旨そう♪

それでは、いただきます!
脂がのっていて、ジューシー、炭の香り♪
ほっくほく♪
本当にこの値段でいいのだろうか?
心配になるなぁ~

プラス150円で肝吸いも注文しました。
心が温まる美味しさです!


特別に炭で焼いているところを撮影させていただきました。
ありがとうございます。

「宇奈とと」さん
美味しいお料理、ご馳走様でした。

お店詳細

宇奈とと 中野店
03-5345-6969
東京都中野区中野5-52-1

《シルカーズのサービス一覧》
総合インターネットサービス
業務管理ソフト・アプリ開発
正規医薬品の個人輸入代行
お笑いコンサルタント
健康食品・ファッションオンラインショッピング
シルカーズチャンネル
電子書籍出版サービス
税理士紹介サービス

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です