【YouTube】ビールに新鮮な生のホップを入れるとどのように味が変わるのか検証しました!

ホップは、アサ科の多年草つる性植物で、和名は「セイヨウハナカラ草」です。成長すると6~8mほどの長さになります。ビールの苦味や香り付けに用いられる植物としてよく知られております。

ホップの苦味成分は食欲を増進させ、消化を促進させる力があります。イライラや不安、不眠を解消してくれる鎮静作用のほか、利尿作用、血圧改善などにも効果があるといわれています。最近では肥満抑制効果が認められ注目度が高まっています。

今回は、秋田のホップ農家様から頂いた収穫したばかりの新鮮な生のホップをビールに入れて、味がどのように変化していくのかを検証しました。

ずっと長く嗅いでいたくなるスッキリとした爽やかな香り
採りたてのホップをビールに入れると更に美味しくなります。

それでは動画をご覧ください。

ビールに新鮮な生のホップを入れるとどのように味が変わるのか検証しました!

ご視聴ありがとうございました。

ホップ農家さん
新鮮なホップを頂きありがとうございました。

《シルカーズのサービス一覧》

総合インターネットサービス
業務管理ソフト・アプリ開発
正規医薬品の個人輸入代行
お笑いコンサルタント
健康食品・ファッションオンラインショッピング
シルカーズチャンネル
電子書籍出版サービス
税理士紹介サービス

スキルを磨き月額60万円の権利収入が獲得できる方法とは!?
    ↓ ↓ ↓
https://link.iroas.jp/d9251757

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です