麺屋武蔵@新宿総本店

今回は、1998年6月にオープンしてから席が空くことが無いほどの人気を誇る武蔵グループの総本店「麺屋武蔵」さんを紹介します。

現在は、香港やシンガポール、台湾、ウクライナ、ロサンジェルス、インドネシア、シアトルと世界展開しております。

場所は、JR新宿駅西口から徒歩5分のところにあります。

券売機で食券を購入します。
1,000円オーバーのメニューが並んでおります。
恐るべしΣ(・□・;)

【らーめん
武蔵ら~麺 1,150円(税込)
味玉肉増しら〜麺 1,450円(税込)

【つけ麺
武蔵つけ麺 1,150円(税込) 
濃厚武蔵つけ麺 1,200円(税込)
濃厚味玉肉増しつけ麺 1,500円(税込)

今回は、「武蔵ら~麺」1,150円をぽちっと!

平日12時に訪問、門を開けカウンターを見渡すと満席状態だったので結構待つかと思ったのですが、ちょうど席が一席空いており、すぐに座れました。

店内はカウンター席のみで、19席あります。

ラーメンは味の「あっさり」または「こってり」、
麺量の「並盛」または「大盛」を聞かれるので「こってり」をお願いしました。

5分ほどしてラーメンが着丼麺しました。
いやぁ豚の角煮や煮卵、ネギと海苔、バランスよく綺麗にもりつけされております♪

先ずは、スープを頂きます。
わたしは、醤油味が少しきつく感じましたが、二刀流スープが絶妙にマッチしております。

麺屋武蔵の公式ホームページによると

『スープは鶏ガラと豚骨を主体とした「動物系スープ」と、かつお節、煮干しでとる「魚介系スープ」のダブルスープとなっております。二刀流スープの武蔵本店の味を、ぜひお楽しみ下さい。

と書かれておりました。
鰹・煮干しの魚介系、豚骨、鶏ガラの動物系をまとめ上げるのは至極の技だと思います。
「旨い」の一言に尽きます。

食べ応えのある大きな角煮は、柔らかく、ホクホクで美味しいです。
煮卵やメンマもわき役とは言え、丁寧に仕上げてあります。

特徴的な平打ち微ウェーブは、
スープが濃いので持ち上げると自然とスープが乗ってきます。
モチモチで美味しいです。

麺屋武蔵さん
美味しいお料理、ご馳走様でした。

麺屋武蔵 新宿本店 (めんやむさし)
東京都新宿区西新宿7-2-6 K1ビル1F

《シルカーズのサービス一覧》

総合インターネットサービス
業務管理ソフト・アプリ開発
正規医薬品の個人輸入代行
お笑いコンサルタント
健康食品・ファッションオンラインショッピング
シルカーズチャンネル
電子書籍出版サービス
税理士紹介サービス

スキルを磨き月額60万円の権利収入が獲得できる方法とは!?
↓ ↓ ↓
https://link.iroas.jp/d9251757

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です