熊本料理店でフィリピン料理!?『扇里(せんり)』@新橋|チキンアドボを堪能!

みなさんはフィリピン料理のチキンアドボを食べたことがありますか?

チキンアドボはフィリピンの伝統料理で、鶏肉を醤油やお酢、砂糖、ローリエなどで煮込んだ料理です。

フィリピン料理は苦手な方も多いかと思いますが、この料理はクセも無くさっぱりしているので日本人の方のお口にも合うお味ですよ。

チキンアドボの「アドボ」「マリネ・漬ける」を意味しており、語源はスペイン語の「漬ける」の動詞「アドバル」から来ております。

今回は、フィリピン料理やタイ料理、イタリア料理が食べられるお店扇里(せんり)』さんを紹介します。ただ、こちらのメニューはグランドメニューには無く、気まぐれメニューなので、もしこのブログを見てのご訪問の際には、「本日の料理」を確認してからがお勧めです!

扇里さんは、熊本料理店なのですが、ママ(店主)のローズさんはフィリピンの出身の方で、常連のお客さまに海外の料理も楽しんで頂きたいとの思いから、海外から調味料を調達し研究しながら提供しております。

もちろん!定番の熊本料理である「からし蓮根」や「ぐるぐる一文字」、新鮮な「馬レバ刺しや「馬刺し」を楽しむことができまよ😊

それでは早速行ってみましょう!

 

 

アクセス

場所はJR新橋駅から徒歩1分のニュー新橋ビルの地下1階に『扇里』(せんり)(住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 予約:03-3580-8974)さんはあります。

サラリーマンのオアシスと呼ばれるニュー新橋ビルの地下1階には、たくさんの居酒屋さんが軒を連ねております。

 

到着しました!

くまもんの暖簾が目印です♪

 

メニュー

メニューはこんな感じです。

熊本料理の定番料理から創作料理など沢山ありますが、今回はママの特性の「チキンアドボ」を注文しました。

 

チキンアドボ

注文してから約5分、チキンアドボがサーブされました。

アドボの具材は、鶏のモモ肉とハツ、レバー、胸肉です。

それでは頂いてみたいと思います。

お肉はしっかりと味がしみ込んでおり、柔らかい食感がクセになりますね♪

ビールがどんどん進む味です。

日本では、知名度の低い料理ですがさっぱりしておりクセが無いので是非、皆さん試してみてはいかがでしょうか。

美味しいお料理ご馳走様でした。

 

YouTubeで紹介しました!

新橋で人気の熊本料理店『扇里』の絶品料理とは!?【ママさんインタビューあり】

 

 

まとめ

今回は、熊本料理店なのにィリピン料理やタイ料理、イタリア料理が食べられるお店扇里(せんり)』さんをしました。

熊本料理店は、定番の熊本料理である「からし蓮根」や「ぐるぐる一文字」、新鮮な「馬レバ刺しや「馬刺し」を楽しむことができます。

ブログをご覧の皆さんも近くに来たときには是非足を運んでみてはいかがでしょうか!?

最後までお読みいただきありがとうございました。

美味しいお店って沢山ありますよね。
それでも気付かずにお店の前を通り過ぎてしまう。

少しでもわたしのブログや動画をきっかけに
実際に食べに行っていただければなと思い書き綴っております。

飲食店を元気にしたい!

そんな気持ちからブログを毎日書き綴っております。

もしこのブログが面白いと思われた方は、
YouTube動画「シルカーズチャンネル」もご覧くださいね♪
 ↓
https://www.youtube.com/OhmineSyokudo

毎日の食べ歩きをブログに残しております!

ここのお店が美味しい、コスパ満喫店などの情報がありましたらぜひコメントしてくださいね♪

 

熊本料理『扇里』

住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル
予約:03-3580-8974

営業時間:16:00~23:00
定休日:日曜日・祝日

 

飲食店・店舗分析SNSコンサルタント
飲食店の販売促進やYouTubeのチャンネル作成、メニュー開発、集客、統計、管理会計等のアプリ開発まで全力でバックアップ!ズームによる無料相談実施中!
https://silkorz.com/business-2/restaurant-consultant/

シルカーズチャンネル
飲食店の紹介や食レポ、お笑いコント、旅日記、家庭で簡単に出来る料理番組などを配信しております。皆様のチャンネル登録お願いします。
https://www.youtube.com/OhmineSyokudo

最高のコミュニティービジネス
個人で稼ぐ力を手に入れ、独立して経済的自由を手に入れ、即ビジネスオーナーになり、最高の仲間たちと共に最高の自由を謳歌する方法を紹介!
https://link.iroas.jp/d573139d

Follow me!

コメントを残す