【カレーショップmarusuke】日替わりカレー!インドと中華の融合カレーを堪能@高円寺|『旧店名 豆くじら』

今回は、高円寺で人気のカリーバル『くじら』さんの姉妹店『カレーショップmarusuke』さんを紹介します。

旧店名は『カリーショップ豆くじら』。

お店の前にあるA看板など、所々に「豆くじら」とまだ残っているので変わったばかりなのかな?

兎にも角にも、驚愕の美味しいカレーが食べられるとのことでやってきました!

それでは早速行ってみましょう!

 

 

アクセス

場所は、JR高円寺駅北口を出てから徒歩10分、あずま通りを抜けて早稲田通りに出たら通りを渡り右に進んだところに『カレーショップmarusuke』(住所:東京都中野区大和町1-31-4 電話:03-6671-3117)さんがあります。

 

店内

カフェのような落ち着いたお洒落な店内は、カウンターとテーブル席と合わせて14席あります。

カレーショップmarusukeさんは高円寺屈指の人気店で、何度か訪問したのですがいつも入れずお店の前をスルーしておりました。

今日は、ピークタイムを思いっきりずらしての訪問。

ヤッター!

席があいております。

 

メニュー

本日のカレーはこんな感じです。

チキンカレー 880円
麻婆キーマカレー 880円
かぶと豆のカレー 800円
カレー2種盛り 1200円
ラム肉水餃子 450円

 

先ずは券売機で食券を購入します。。。

ラム肉水餃子が超気になるところですが、「2種もりカレー」1,200円(税込)のボタンをポチっとしました。

カレーは日替わりなので、訪問前にFacebookで確認してからがお薦め!

2種盛りカレーは本日のカレーから選べます。

今回は、「麻婆キーマカレー」と「チキンカレー」に決定!

食券を購入したら、店内奥に進みマスターに食券を渡して、希望のメニューを伝えます!

 

2種盛りカレー

注文してから待つこと5分、2種盛りカレーの登場です!

美しく盛り付けられたカレーからはスパイシーでエキゾチックな香りが鼻を抜けて行きます。

カレーの種類は、ターメリックライスを中心として左側が「麻婆キーマカレー」、右側が「チキンカレー」です。

 

先ずは、チキンカレーからいただきます!

食べた瞬間にハマってしまうほど、とってもスパイシーでコクがあります。

わたしは好きだな。この味・・・

綺麗な形にカットされたチキンはとっても柔らかく、お口の中でとろけていきます♪

これはたまらない美味しさですね!

本当に旨い!

 

お皿をクルリとまわして、麻婆キーマカレーをいただきます!

山椒とたくさんのスパイスが程よく調和されていて、非常に美味しいです。

山椒の麻(マー:痺れる)とピリッとした辛さが私好み!

ただ辛いだけではなくしっかりとした奥深い味も楽しめますね♪

食べれば食べるほど食べたくなる魅惑のカレー。。。

スパイス効果で体もポッカポカ!

美味しいお料理ごちそうさまでした。

 

管理人からのお願い

飲食店を元気にしたい!

そんな気持ちからブログやユーチューブで東京都を中心に飲食店を紹介しております。
是非チャンネル登録してからご覧くださいね♪
 ↓
https://www.youtube.com/OhmineSyokudo

わたしの動画を観て多くの方に飲食店に足を運んでいただきたいです!
みなさん!応援をお願いします!

 

カレーショップmarusuke

住所:東京都中野区大和町1-31-4 
電話:03-6671-3117

営業時間
【昼の部】11:30~15:00(14:30 L.O)
【夜の部】17:30~21:00(20:30 L.O)

日替わりメニューや営業時間は、訪問前にFacebookで確認してからがお薦めです!

 

飲食店・店舗分析SNSコンサルタント
飲食店の販売促進やYouTubeのチャンネル作成、メニュー開発、集客、統計、管理会計等のアプリ開発まで全力でバックアップ!ズームによる無料相談実施中!
https://silkorz.com/business-2/restaurant-consultant/

シルカーズチャンネル
飲食店の紹介や食レポ、お笑いコント、旅日記、家庭で簡単に出来る料理番組などを配信しております。皆様のチャンネル登録お願いします。
https://www.youtube.com/OhmineSyokudo

最高のコミュニティービジネス
個人で稼ぐ力を手に入れ、独立して経済的自由を手に入れ、即ビジネスオーナーになり、最高の仲間たちと共に最高の自由を謳歌する方法を紹介!
https://link.iroas.jp/d573139d

KECE99健康機能に欠かせない必須栄養素セット

Follow me!

コメントを残す