ネパールの伝統的な陶器マトカごと窯で焼き上げられたビリヤニが驚愕の旨さ!ラトマトRato mato【रातोमाटो】@新大久保・大久保

皆さん、こんにちは!
ブログを書いている大峯です。

今日は、令和3年10月7日(木)、新大久保にグランドオープンしたネパールの窯焼き料理のお店『Rato mato』さんのラトマトスペシャル、マトカビリヤニを紹介します。

Rato matoさんでは、食材をネパールから持ってきた土器に入れてアツアツの窯で焼き上げた、ビリヤニやお肉料理など素材本来の味や香りが引きたったネパール本場の料理が楽しめます♪

それでは早速、行ってみましょう!

 

アクセス

場所は、JR新大久保駅を出てから、大久保通りをJR大久保駅方面に歩いて2分、大久保通り沿いのビルの7階にあります。
まだ看板は出来ていませんが、口コミでいつも満席状態です!電話をしてからの来店がおすすめです!

窯焼き料理 Rato mato
住所:東京都新宿区百人町1-17-10 STビル 7F
電話:03-5937-6463

 

 

7階に到着しました。
店内に入ってみましょう….。

店内

店内は、ネパールの古い街並を再現した店内!
装飾品や家具など全てネパールから取り寄せたそうです。
都会の喧騒を忘れられる隠れ家的な落ち着いた空間ですね!

 

壁には土器で作ったコップがズラリと飾られております。
コップに私が運営しているシルカーズチャンネルのサインを書かせていただきました。

コップの重さはとっても軽かったです。
土器のコップは冷たいものはより冷たく、温かいものはより暖かくする効果があるんだとか。

バルコニーからは新宿の街並みや夜景を一望できます!

 

 

お冷のポットも全て土器製!
ネパールでの伝統的な儀式や祭典では、ラトマト(ネパールの赤土で作った)のお皿を使います。
それを日本のみなさんに紹介したいと考え、お店ではラトマトのお皿で料理やドリンクを提供しているそうです。

 

メニュー

メニューはこんな感じです。
料理は、ネパールの定番定食ダルバートやビリヤニ、タイ料理のガパオライス、ネパールの伝統的な陶器(マトカ)に注がれたトムヤムスープなど、充実したラインナップがお食事をもっと楽しくしてくれます✨

今回は、マトカビリヤニのマトンを注文しました!

 

マトカビリヤニ(マトン)

待つこと10分、マトカビリヤニの登場です!
マトカにパンで蓋をして、器ごとじっくりと焼かれたビリヤニ!
一体どんな味がするのでしょうか?!楽しみですね!

パン生地をナイフで崩していきます….。
今回は、スタッフの方にお願いしました!

 

ガリガリ…ガリガリ…

 

パカッ😲

マトカの器からは、食欲をそそるスパイシーな香りが鼻を抜けていきます!
いやぁ~それにしてもカラフルで綺麗ですね♪

 

熱っつ熱のビリヤニです!

スプーンでよく混ぜていきます….。

ブログを読んでいる皆さんで、ビリヤニと言う料理名を初めて聞いた方もいるかと思いますので簡単に紹介したいと思います。

ビリヤニは、インドやその周辺国で食べられているスパイスとお肉が入った料理で、世界三大炊き込みご飯のひとつと言われております。スペインでは「パエリヤ」、日本では「松茸ごはん」の3つが世界を代表する炊き込みご飯です。日本の料理が入っている何て嬉しいですね♪

 

マトカから直接食べると、熱っつ熱で食べられないので、お皿に取り分けてからいただきます….。

 

なんだこれは!う、う、旨いじゃないかぁ~!!
一口目は、濃厚なスパイスの印象で深みのある香りと味わいを感じますが、後味には、マトンのまろやかで柔らかい甘味と旨味によって、ふくよかな印象が余韻まで残ります。味がしっかり付いており、一口食べると、バクバクと食べ進んでしまう、不思議な中毒性があります😋

続いて、ゴロゴロマトンのお肉をいただいてみます….。

お肉は、スパイスの力なのか、とてもふっくらしており、ホロホロと崩れてしまうほどの柔らかさ!
ハーブやスパイスがよりマトンの香りや味わいをより引き立てらており、とっても美味しいです!

食べ進めていくうちに、よりスパイシーな部分があったり、パクチーの風味が感じられたり、またマトンがある部分はより深い味わいを感じたりと、味が微妙に変わっていくので、飽きずに食べられるのも魅力の一つだと思いました。

ラトマトで作られたマトカで料理を食べていると、なんだか元気になってくるような気がします。

ネパールではラトマトのお皿で提供された料理を食べると病気にならないという言い習わしがあります。
そして「ラトマト」という言葉を聞くと、ネパール人はみんな故郷の地を思い浮かべるそうです。それほど懐かしく、愛に満ちた言葉なのですね。

蓋になっていたパンもサクサクでとっても美味しいです♪

 

食後は、ラトマトで作られたコップに注がれたチャイでホット一息!
窯で焼き上げた専用の土器にチャイを入れる事で、より香りが引き立った状態でいただけるので、香りや旨さが一味も二味も違いますね!

ラトマトさん、
おいしいお料理ご馳走様でした。

 

YouTubeでお店を紹介しております!

ネパールの伝統的な陶器マトカごと焼かれたビリヤニに舌鼓!【ラトマト】Rato mato【रातोमाटो】@新大久保・大久保

お店詳細

【食材を土器に入れて窯で焼きあげる!】
食材を専用の土器に入れてアツアツの窯で焼き上げた、ビリヤニやお肉料理など素材本来の味や香りが引きたったネパール本場の料理が楽しめます♪

【午後のティータムも楽しめる!】
食前、食後や午後のティータイムにチャイを楽しむことが出来ます!Ratomatoさんのチャイは、香りや旨さが一味も二味も違うそうです。
旨さの理由は、窯で焼き上げた専用の土器にチャイを入れる事で、より香りが引き立った状態でいただけることです。

【本場の味を忠実に再現した身体に優しいタカリー】
ネパールでは朝や夜に食べられるほど、身体に負担が少なく、栄養のあるタカリー。
お肉料理、豆のスープやサラダ、アチャール、パパドなど身体に優しい料理で構成されております。

窯焼き料理 Rato mato
住所:東京都新宿区百人町1-17-10 STビル 7F
電話:03-5937-6463

営業時間 
ランチ 11:30~14:00
ディナー17:00~22:00

 

管理人からのお願い

飲食店を元気にしたい!

そんな気持ちからブログやユーチューブで東京都を中心に飲食店を紹介しております。
是非チャンネル登録をお願いいたします。
 ↓
https://www.youtube.com/OhmineSyokudo

わたしの動画を観て多くの方に飲食店に足を運んでいただきたいです!
みなさん!応援をお願いします!

Follow me!

コメントを残す