ご利用ガイド

この度は、個人輸入代行SILKORZ DRUGをご利用いただき、誠にありがとうございます。
SILKORZ DRUGをご利用いただくにあたってのご説明をさせていただきます。

個人輸入代行とは

医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を営業のために輸入するには、薬事法の規定により、厚生労働大臣の承認・許可等が必要です。

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

直接外国から輸入する場合は、言語の問題や支払方法、手続き等でとても面倒なものです。
この面倒な部分を、専門業者に依頼して代行させることを「個人輸入代行」といいます。

※厚生労働省では「医薬品、医療機器などの個人輸入は必要性と危険性をよく考えて」と注意喚起しております。

・日本での有効性や安全性の確認がなされていません。
・正規の流通品とは異なる劣化品や偽造品の場合もあります。
・専門知識のない方が自己判断で使用すると危険なことがあります。

未承認薬のご利用はお客様の自己責任となるので、商品の効能・効果・副作用については熟知したうえでご使用ください。

【個人輸入可能な医薬品等の数量について】
 ・毒薬、劇薬又は処方せん薬: 用法用量からみて1ヶ月分以内
 ・上記以外の医薬品・医薬部外品: 用法用量からみて2ヶ月分以内

 

海外医薬品の個人輸入代行SILKORZ DRUG