土俵を眺めながら食べる絶品ちゃんこ鍋!【割烹 吉葉】両国

皆さん、こんにちは!
ブログを書いている大峯です。

皆さんは、本格的なちゃんこ鍋を食べたことがありますか?!
今日はなんだか無性に美味しいちゃんこ鍋が食べたくなり、友人を誘って超有名ちゃんこ鍋の専門店『割烹 吉葉(よしば)』さんに行ってきました。

吉葉さんは、昭和58年創業。元横綱吉葉山の宮城野部屋をそのまま店舗にしております。そのため、店内には稽古で実際に使われた本物の土俵があり、総檜造りの豪華な店内と土俵を眺めながら美味しいちゃんこ鍋を堪能することが出来る貴重なお店です。

 

風情漂う外観が目に入る。
なんだか不思議に、ここだけがゆっくりと時間が流れているように感じました。

 

アクセス

場所は、JR両国駅西口から歩いて10分くらいの場所にあります。

割烹 吉葉(よしば)
住所:東京都墨田区横網2-14-5
電話:03-3623-4480

 

店内

1980年代まで実際に稽古で使われていた部屋を改修し店舗として生まれ変わった店内!


記念撮影📸!パシャッ✨
サンダルを履けば土俵にあがることができますよ!
土俵は大きさ(直径15尺・4m55cm)で、まわりの俵は稲藁を細い俵状に編んだもので、土は「荒木田土」、国技館と同じものを使っているのだとか。。。

 

箸置きとコースターはこんな感じ!
コースターに箸置きをのせて、「どすこいっ」、「のこった、のこった」と一人で遊んでみました😚(意外と楽しい)

 

相撲甚句を堪能!

毎週月・水・金・土曜の午後7時半から土俵の上で相撲甚句や津軽三味線の生演奏、吉葉寄席などのエンターテイメントもある!

 

沖縄の古酒

沖縄の古酒(くーす:沖縄の方言)は、ちゃんこ鍋との相性が抜群!
人生初!かめ壺入りのクースをロックでいただきました!43度の度数とは思わせないほどまろやかで深みがあります。
ちゃんこのスープと非常によく合います!


ちゃんこ吉葉鍋

ちゃんこ吉葉鍋 一人前2,800円(二人前より)
今回は、スタンダードの醤油味を注文しました。
お野菜やお肉以外にエビはホタテ、シャケなどの魚介類も沢山入っております!

 

ちゃんこ鍋の動画!

ちゃんこ鍋からは優しい出汁の香りが鼻を抜けていきます。。。

 

魚介やお野菜、お肉の旨味が溶け出した澄んだ鶏の出汁は、とっても濃厚で深い味わい!
後味はさっぱりしており、食べれば食べるほど食べたくなるクセになる味でした。

吉葉さん
楽しい一時と美味しいお料理ご馳走様でした。

 

お店詳細

割烹 吉葉(よしば)
住所:東京都墨田区横網2-14-5
電話:03-3623-4480

営業時間
お昼 11:30~14:00(L.O.13:30)
夕食 17:00~22:00(L.O.21:10)

休日
日曜・祝日、ゴールデンウィーク、盆休み、年末年始
大相撲東京場所中の日曜・祝日は夜のみ営業

公式ホームページ
https://www.kapou-yoshiba.jp/

 

管理人からのお願い

飲食店を元気にしたい!

そんな気持ちからブログやユーチューブで東京都を中心に飲食店を紹介しております。
是非チャンネル登録をお願いいたします。
 ↓
https://www.youtube.com/OhmineSyokudo

わたしの動画を観て多くの方に飲食店に足を運んでいただきたいです!
みなさん!応援をお願いします!

Follow me!

コメントを残す